木と暮らし展




−展示会概要−


4人の建具職人(佐賀)が、3人のプロダクトデザイナーと組んで開発した「木」の小物展。

箸置きからベンチまで、多彩な暮らしの道具たち。
昨年の「灯り展」に続くプロジェクト第2弾です。
職人は皆同じように見えるかもしれませんが、建具屋さんは中でも繊細な仕事が専門です。
つくる職人と考えるデザイナーが、お互いの技術と発想を掛け合わせて「豊かな暮らし」を提案します。
「木と暮らし展」に参加しているメンバーは、年齢(20代〜50代)も性別もバラバラです。
同じ目的に向かってそれぞれがコミュニケーションを取りながら作り上げたモノ達をお楽しみ下さい。


■日 程:2009 2/14(sat)〜2/22(sun) 11:00〜19:00 (最終日17:00まで )
■会 場: Ori house(佐藤俊彦設計室)
■住 所: 福岡市城南区鳥飼4 - 9 − 24 Google map >>>
■お問い合わせ : 092 - 851 - 7447


−建具職人−


●倉富 高鋭(Kuradomi Takashi) 1957年 佐賀県生まれ   住まいの木工房むっく(佐賀県多久市)
 木にとりつかれて30年、これからも木と格闘していきます。


●中原 浩幸(Nakahara hiroyuki) 1964年 佐賀県生まれ   中原木工所 (佐賀県佐賀市)
 既製品(もの)があふれる中で手創りのあたたかさを感じていただければ・・・  


●橋口 慎太郎(Hashiguthi Shintaro) 1974年 佐賀県生まれ   橋口木工所(佐賀県白石町)
 やすらげる木が好きだから、木のあたたかさを届けたい。木が好きだから    


●山口 大介(Yamaguthi Daisuke) 1977年 佐賀県生まれ


●野見山 順子(Nomiyama junko) 1978年 佐賀県生まれ  住まいの木工房むっく(佐賀県多久市)
 生活の道具に木を用いることで、素材のもつ心地良さを伝えたい。



−Designer−


●原 久雄(Hara Hisao)1950年 福岡県生まれ  原デザイン室(福岡県前原市)
 自分で使ってイイナと思うだけでなく、同じようにイイナと思ってくれる人がいることが大事。


●品川 武士(Shinagawa Takeshi) 1975年 熊本県生まれ 品川製作室(福岡県福岡市)
 心地よい時間・使いやすいモノ・落ち着く場所。暮らしの中にある、ごく自然なことを大切にしたい。


●安田 大信(Yasuda Hironobu) 1981年山口県生まれ
 日々の生活の中で、愛着をもって永くつかえるモノづくり